• Google Maps API for Workの便利な点

    GoogleMapsAPIforWorkはGoogleMapsと混同されがちですが、同じ地図を提供するサービスでありながらも、業務で使える細かな地図情報の提供、また、独自アプリにおいて地図をさらに活用するためのさまざまなAPIが用意されています。

    GoogleMapsAPIforWorkで利用できるAPIはGoogleMapsに比べて多岐にわたります。

    特に地図を使っているアプリや端末、人員の状態を取得するためのAPIが好評を得ています。

    基本も充実したGoogleMapsAPI情報選びをサポートするサイトです。

    GoogleMapsでは利用したアプリの状態までは把握できません。

    YOMIURI ONLINEの正しい情報はこちらです。

    しかし、GoogleMapsAPIforWorkでは端末の現在位置やアセット、トラッキングデータなどが取得できるようになります。
    これらのデータはアプリケーションをさらに便利にするために利用できますし、業務アプリなどにおいては効率を求めるさまざまな箇所で活用が期待されています。


    GoogleMapsAPIforWorkでは業務アプリにおいてさらに効率が上がると期待されています。
    アセットやトラッキングデータは位置情報として利用出来るだけではなく、データから最適な配達経路を調べたり、交通情報や天候と絡めて解析することで配達員の効率的な運用が実現しています。



    地図データは見るだけの時代から、GoogleMapsAPIforWorkのように地図を利用している実態を把握することで得られるデータを地図と連携させる時代となっています。