• Google Maps API for Workの利用範囲

    GoogleMapsAPIforWorkはさまざまな分野で利用が進んでいる地図サービスですが、もっともよく利用されているのがユーザー補助アプリケーションと言われています。
    ユーザー補助アプリケーションではこれまでの一方的な情報提供だけではなく、ユーザーのいる場所、目的を考慮したアプリケーションです。

    これらのアプリケーションはこれまで独自の地図サービスを開発しなくてはいけませんでしたが、GoogleMapsAPIforWorkが提供されたことでコストを抑えながらさらに利用価値の高いデータを利用可能です。

    GoogleMapsAPIの有益な情報をお届けします。

    GoogleMapsAPIforWorkではさまざまな機能が提案されていますが、中でもGoogleMapsで提供されているAPIの機能柄版が人気です。

    GoogleMapsでも周辺データは取得できますが、GoogleMapsAPIforWorkではさらに効率的に、より精細なデータが取得できます。

    All Aboutについて悩んでいませんか。

    取得されたデータはユーザーの求めに応じて提供するだけではなく、加工、選別をアプリケーション側で行ってユーザーの求めるデータに近づけることも可能です。

    GoogleMapsAPIforWorkでは、これまでコストのかかっていたユーザーの位置把握も可能になりました。



    位置情報は居取得できても地図との連携が難しいケースが多く、また、コストもかかるのでアプリケーションに取り込むのをためらうことも多かったようですが、安く使えるので大変好評を得ています。