• Google Maps API for Workの展開事例

    GoogleMapsAPIforWorkはさまざまな分野で利用が進んでいる地図サービスです。

    GoogleMapsAPIが勢いに乗っています。

    特にGoogleMapsで提供されたデータをさらに精細にし、また、これまでアプリケーション側で加工、収集を行っていたユーザーデータをAPIで簡単に取得できることで開発速度、コストが大幅に改善されていますGoogleMapsAPIforWorkで提供される地図データはGoogleMapsで提供されるデータよりも多くなります。
    そのため、よりユーザーの求める地図に関するデータを提供することができます。

    今よりもT-SITE情報選びを親身になってアドバイスいたします。

    また、GoogleMapsAPIforWorkではユーザーの現在位置などを把握できますので、業務アプリなどでは配車ルートの選定や宅配の際のコストもしくは時間選択に於いてのルートと決定など、ユーザーがこれまで自分で考えていた部分も手伝ってくれるアプリケーションが作成できます。
    地図データはジオデータの他に店舗データも有効です。


    例えば医師を探すアプリケーションではこれまで独自のデータベースを利用していましたが、GoogleMapsAPIforWorkを使えば病院の場所だけではなく、病院の電話番号や住所なども取得でき、スマートフォンならそのまま電話をかけることも可能です。
    GoogleMapsAPIforWorkはアプリケーションを作成する際、さまざまな地図関連データを提供し、作成コストは目に見えて削減できると期待されています。