Skip to content

歯医者を比較するには知識も必要

少しでも良い歯医者にかかりたいと願う気持ちは誰でも同じです。

そのために知り合いから情報を集めたり、インターネットの口コミサイトを回ったりすることは悪いことではありません。しかし他人が下した結論だけで歯医者を比較すると、必ずしも望んだ治療を受けられない場合があります。自分でも歯科治療について知識を身につけ、理解を深めることが、良い歯医者を選ぶ助けになります。もちろん患者のほとんどは素人ですから、治療方法の細部までは知りませんし、知っている必要もありません。

しかし虫歯や歯周病の原因、詰め物やブリッジなどの方法、インプラントや矯正の原理など、インターネットを見れば情報はいくらでも載っています。このような基礎知識があれば、歯医者が本当に適切な治療を行なっているか、無駄な治療や過剰な処置を行なっていないかを、ある程度まで判断できます。こうした具体的な経験が、歯科医院を比較するときの参考になるでしょう。また最近では少なからぬ数の歯科医師が、患者に治療方法を知ってもらおうと努力を払っています。

きちんと説明した上で治療を始めるのはインフォームドコンセントの基礎であり、良い歯医者を選ぶポイントにもなります。素人だからといって医師に任せきりにせず、治療の内容や料金の相場についてもしっかり勉強することが、結局は歯科医院を比較する上で役に立ち、ひいては日本の歯科医療全体のレベルアップに繋がるとも言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *