Skip to content

歯科医師を目指すなら

歯科医師という仕事に興味を持つ人もいることでしょう。

しかし、昨今の歯科医師が過剰になっている状況を受けて、医師になりたいと思う人も多くなったようです。歯医者になったとしても、ほかにも開業している医院が多いことから患者を獲得していくのが大変だと感じるからでしょう。ですから、医学部をまず目指して、それが厳しいのなら歯学部に転向するというパターンも多く見られます。多浪生もかなりいるので、現役が少ないくらいなのです。歯科医師になるのなら、大学の歯学部に入学する必要があります。

国公立の大学はさまざまな科目ができるように勉強をする必要があるのですが、私立では科目を絞ることができるので、勉強を進めやすいことでしょう。最終的に歯科医師の国家試験に合格できるようにすればいいので、大学名はそれほど関係はないものです。レベルの高い大学に入ったとしても、国家試験の対策をしっかりとして勉強を続けなければ、受かりませんし、その人の意欲も関係してくることでしょう。大学生活では、実習や実験なども多く、留年する人も数多くいます。ですから、一生懸命、学び続ける必要があるのです。

6年で卒業できたとしても、卒業するころに受ける国家試験をしっかりとパスしないと研修医になることもできないのです。そして、卒業後は1年間の研修医としての生活をすることになります。それが終了すると、晴れて歯科医師として仕事をすることができるようになるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *