Skip to content

歯科医師になるための大学選び

将来、どういった職業に就きたいかということによって、高校時代の進路選択は変わってくるものです。

大学に進み、専門的な勉強をして資格などを取得しなけらばならない場合もあったり、専門学校に行くべき場合もあったり、またそのまま就職をして現場で学んでいく場合もあります。どういった場合であっても、まずはその道に進む場合も学校選びというのは大切であるのです。不景気の時代がかなり続き、手に職ではないのですが、いろいろな資格の取れる職業が人気です。

特に医療関係では長く専門的に働くことができる職業が多いので、そのために大学や専門学校などに進むことになります。一番人気があると思われるのが、医師であり、医学部に合格するのは難しいものですが、それでも多くの人がチャレンジしています。一方で歯科医師になりたいということであれば、大学の歯学部に合格する必要があります。大学の歯学部は、現在国公立や私立を合わせるとかなりたくさんあって、定員もかなり多い状態です。

これは私立の増設されたところも含んで考えた場合であって、レベルもさまざまになります。国公立では東京医科歯科大学をはじめとして、北大や東北大などの大学も有名であり、ほかにも新潟大学や岡山大学、長崎大学など、いろいろな大学に歯学部が設置されています。これらはセンター試験や二次試験も突破する必要があるので、かなり難しくなります。

私立大学では科目を絞って勉強できるので、受験勉強はしやすいでしょう。上位の学校としては、東京歯科大学や昭和大学、日大、日本歯科などがあります。地域や学費を考えながら、自分のレベルに合ったところを受験していくのがいいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *