Skip to content

削らない虫歯歯科治療

子供の頃に虫歯を削ったことで、歯科医院に悪いイメージを持ってしまう人は少なくありません。

確かに、大人でも歯科医院の独特の雰囲気の中でマスクをした先生に歯を削られるというのは怖いものです。削るときの痛みだけでなく、音や振動などにも抵抗を感じてしまう人も多いです。そこで、歯科医院ではできるだけ痛みの少ない治療を行うように工夫しています。麻酔をする前に、歯茎をしびれさせるジェルを付けて麻酔針が入るときの痛みを軽減したり、麻酔針も細い物を使用するなどです。

それでも、痛みより削ることに抵抗がある場合には、なかなか歯が痛くなっても歯科医院へは行きにくいものです。最近では、虫歯を削らずに治す治療が登場しました。レーザー治療では、歯をドリルで削らずに、レーザーの熱で焼き切っていきます。レーザーなので、振動や音もなく、患者さんはドリルより快適に治療を受けられます。さらに、虫歯を殺菌する作用のある薬も登場しました。

この薬を虫歯の中に入れておくと、虫歯菌が殺菌されて普通の歯の状態になります。薬を入れて、フタをしておくというとても簡単な治療で、痛みが全くないというメリットがありますが、保険が適用されないので治療費が高い傾向にあります。また、新しい治療法なので、どこの歯科医院でも導入しているわけではなく、実施しているのは限られたところであるという点にも注意が必要です。この治療をしたい場合は、あらかじめ問い合わせると教えてもらえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *