Skip to content

一般治療以外の歯科医院のありかた

歯科というと以前は虫歯治療で来院するのが一般的でしたが最近では虫歯治療以外にも矯正治療、インプラント、ホワイトニングや歯周病治療など診療科目も豊富な医院が増えています。

その背景には、患者の歯に関する関心が高くなってきていると言えるのではないでしょうか。特に最近では歯周病治療という言葉をよく耳にします。30歳以上の人の実に80%はこの歯周病の細菌に感染しているとも言われており、歯周病は口腔内だけにとどまらず全身にも被害をもたらす事がわかり、最近ではこの歯周病治療に力を入れる歯科医院が増えています。そもそも歯周病とは、口腔内で繁殖する細菌によって引き起こされる炎症性疾患のことで、歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる隙間に細菌が停滞する事で歯茎が腫れたり赤くなったりします。

よく、歯を磨いたら歯茎から出血するといった経験をされた人もいるのではないでしょうか。しかし、この時点では痛みが無く、ほとんどの人が気づかず放置してしまいます。その間も細菌は歯周ポケット内でどんどん繁殖していくので歯と歯茎の間の溝がどんどん深まりやがて歯茎が痩せてしまいます。その結果歯を支えることができず歯が抜けてしまう事態になるのです。

そして特に注意したいのが歯茎からの出血とともに細菌が血液中に入り、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす原因にも関わっていることがわかっているのです。この歯周病には予防が一番効果的であり一般歯科での定期検診や予防歯科でしっかり予防する事で進行を防ぐことができます。この細菌は磨き残しや歯石を好むので定期的に綺麗に取り除くことが重要です。一生私達の生活と関わっていく歯です。より多く健やかな歯を残す為にも、虫歯以外にも定期検診などで歯科に通うことも大切です。
渋谷の歯科のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *