Skip to content

歯医者おすすめの歯周病対策

歯科検診などに歯科に行くと自分では気がつかないうちに歯周病になりかけていたり、歯周病になっていたと言うことがあります。

そのような時、歯医者から歯磨き指導を受けることがあります。歯医者おすすめの歯周病対策としては、歯周ポケットを重点的にブラッシングしましょうと言われます。歯周ポケットとは歯と歯茎の間にある溝のことで、その部分にはプラークと呼ばれる歯垢が溜まりやすく、歯周病菌が生息しやすい部分なのです。

歯周病改善や予防に歯医者がおすすめするのは、歯周病菌を除去するための歯磨き方法です。おすすめの方法はブラッシングの際には常に優しく歯ブラシを動かすようにして歯周ポケット内の汚れをかき出すようにします。汚れを落としたいと言う気持ちから、強く力を入れてブラッシングしてしまうことがありますが歯周病にかかっている場合には歯茎が弱くなっているため、強い刺激は歯茎を傷つけて更に菌を送り込んでしまう可能性があるので、注意が必要です。またプラークをしっかりと除去できる歯ブラシを選ぶことも大切です。

しっかりと除去するためには歯をまんべんなく磨けるような歯ブラシを選びます。おすすめなのはヘッドが小さめでナイロン素材の柔らかめのブラシです。ヘッドが小さいと歯の隅々まで磨きやすくなりますし、ナイロン素材のものは清潔を保ちやすく、柔らかめの物は歯茎を傷つけずに磨くことができます。また歯周病にかかっている場合には歯茎が下がっていたり、歯と歯の隙間が大きくなていることがあります。そのため糸状のデンタルフロスを使って汚れを掻き出すようにして葉と歯茎の間の汚れを落としやすくするのもおすすめの方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *